会員さん用投資レポート「DEEP INSIDE」2019年12月号リリース

投稿日時 2019-12-10 0:34:34 | トピック: 最新情報


ただいま2019年12月10日 00:32です。

お待たせしました!

会員さん用投資レポート「DEEP INSIDE」 2019年12月号リリースです!



先月はついに新興国の踏み上げが終わり、弊社戦略は大勝利を収めました。

しかし実のところ、需給やファンダメンタルズには危険信号が灯りつつあります。

このレポートではそれらを「4つの危険信号」と名付け、順番に分析します。

-----------------------------
- VIX指数売り20万枚

- EPS(一株当たり利益)は頭打ち傾向

- シリコンバレーの住宅価格が下落

- 中国企業のデフォルトが増加傾向
-----------------------------



これですぐ下がるかどうかは不明です。

特にドットコムバブル型の上昇では、ファンダを無視した上げ相場が続きます。

しかしそれでも、終わりに向かって進んでいることは確かです。

弊社の知識と経験を活かし、収益につなげられる局面と判断します。



今月はたったの67ページ、32,000字です。

先月に比べるとサボってしまったような気がしますが、自分で読み直すのも大変なのでおそらくまだ多すぎるのでしょう。

ただしそのうち15,000字は「投資戦略[特別]メール」を再掲したものですから、正味17,000字ぐらい。

メールの内容を覚えている方は(参考)を飛ばして構いません。

新しく会員になった方はざっと読んで全体像を掴んでください。






[今月のおしながき]


投資レポート「DEEP INSIDE」 2019年12月号


・株価上昇の裏で4つの危険信号

1. 2019年11月は急転直下の「ブル本流」復活! 3
2. 「米中合意報道」全面否定で中国株・韓国株下落 4
3. ドットコムバブル期と同じく大型IT銘柄が牽引 8
4. 需給やファンダメンタルズには楽観できない 14
5. シリコンバレーの住宅価格が下落? 17
6. 増加する中国企業デフォルト 22
7. 中国はマイケル・ブルムバーグ氏を米大統領候補として擁立か 25
8. 危険な日本の裏切り「国賓」「RCEP」「中東有志連合に参加せず」 28
9. イーサリアム開発者逮捕 ? 強まる暗号資産への風当たり 30
10. まとめ:4つの危険信号は連鎖するか 32
11. 先月(2019年11月)の市況とパフォーマンス 37
12. 【再掲】投資戦略アップデート特別メール 42
(20191113)韓国電子産業に連続打撃!ホワイト国から除外の影響が出始めた 42
(20191115) 米年金はひとまず中国株投資を除外せず。議員は超党派で立法目指す。 47
(20191123) 韓国文政権はGSOMIA破棄延期で完全降伏。しかし精神勝利したまま四面楚歌へ。 49
(20191124) 「政策対話」と「局長級協議」をすり替えて日本が譲歩したとミスリード 58
(20191205) 中国はマイケル・ブルムバーグ氏を米大統領候補として擁立か 62




1ヶ月遅れのパフォーマンスもそれぞれ公開!(2019/10)

・個別銘柄レビュー → ポートフォリオ会員に1ヶ月遅れで公開
http://www.wildinvestors.com/member/modules/wmpdownloads/visit.php?cid=11&lid=1123

・ポートフォリオレビュー → レポート会員に1ヶ月遅れで公開
http://www.wildinvestors.com/member/modules/wmpdownloads/visit.php?cid=10&lid=1124




それでは行きましょう!

会員レポート DeepInside 2019年12月号

「株価上昇の裏で4つの危険信号」




どうぞ !!!

   ↓↓↓
http://www.wildinvestors.com/member/



ワイルドインベスターズ会員サイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
https://www.wildinvestors.com/member

このニュース記事が掲載されているURL:
https://www.wildinvestors.com/member/article.php?storyid=243