投資レポート「DEEP INSIDE」2017年5月号リリース

投稿日時 2017-5-12 11:32:50 | トピック: 最新情報

投資レポート「DEEP INSIDE」 2017年5月号のリリースです。


・新興国は危ういが
・投資戦略レビュー(結果のみ)
・大・茶の湯展




1ヶ月遅れのパフォーマンスもそれぞれ公開!(2017/3)

・個別銘柄レビュー → ポートフォリオ会員に1ヶ月遅れで公開
http://www.wildinvestors.com/member/modules/wmpdownloads/visit.php?cid=11&lid=931

・ポートフォリオレビュー → レポート会員に1ヶ月遅れで公開
http://www.wildinvestors.com/member/modules/wmpdownloads/visit.php?cid=10&lid=932



安間より一言



毎度です。


フランス大統領選はマクロン氏の勝利。

EU・ユーロが崩壊する可能性が減り、リスクオンの株高が進んでいます。

しかしこれは問題の先送りでしかなく、日本で言えば鳩山政権のような5年間となるでしょう。



一方で韓国大統領選も順当に文在寅氏の勝利。

この情勢で親北・反米・反日のリーダーを選ぶとは、何度も滅びているだけはあります。

文在寅は日本に噛みついて来るでしょうが、相手にしている余裕はありません。

米国と共に粛々と北朝鮮の脅威に備えるだけです。



新興国も怪しい動き。

特にベネズエラの経済破綻は、中国や欧州の金融機関に連鎖する可能性があります。

米株や米ドルが下がるとは思えませんが、それ以外の国はダメダメだと考えてください。



今のところ、新興国の危うさは株価に表れていません。

しかしいずれは世界規模の信用収縮を生み出すでしょう。

売りヘッジを加減しながら本流ネットロングを維持します。






[今月のおしながき]

1. 4月は地政学リスク高まるも小康へ
2. 主要新興国下げても逆流続く
3. ボラティリティは23年ぶり低水準
4. マクロン勝利でフランスは「問題先送り」
5. いずれ北朝鮮への攻撃はある
6. ベネズエラ苦境で中国金融に飛び火か
7. まとめ:新興国は危ういが



それでは行きましょう!

会員レポート DeepInside 2017年5月号

「新興国は危ういが」




どうぞ !!!

   ↓↓↓
http://www.wildinvestors.com/member/



ワイルドインベスターズ会員サイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
https://www.wildinvestors.com/member

このニュース記事が掲載されているURL:
https://www.wildinvestors.com/member/article.php?storyid=209