投資レポート「DEEP INSIDE」 2016年6月リリース

投稿日時 2016-6-11 0:02:01 | トピック: 最新情報

投資レポート「DEEP INSIDE」2016年6月号のリリースです。


・ドル安圧力に対し新興国買いを解禁
・投資戦略レビュー(結果のみ)
・730交差点

1ヶ月遅れのパフォーマンスもそれぞれ公開!(2016/4)

・個別銘柄レビュー → ポートフォリオ会員に1ヶ月遅れで公開
http://www.wildinvestors.com/member/modules/wmpdownloads/visit.php?cid=11&lid=792

・ポートフォリオレビュー → レポート会員に1ヶ月遅れで公開
http://www.wildinvestors.com/member/modules/wmpdownloads/visit.php?cid=10&lid=793








安間より一言


毎度です。



セル・イン・メイもどこへやら。

5月の米国株はドル高と株高で際立った強さを見せました。

6月に入ると「ドル安リスクオン」になり、米株は史上最高値に近づいています。



しかし、円ベースでロングオンリーの投資家は苦しいところでしょう。

日本株を買うとドル安円高で下がってしまいます。

米株を買っても、ドル安で収益が目減りします。

弊社のような自由な運用スタイルであればいつでもチャンスがありますが、制約の多い投資家は大変です。



ドル安による損失を回避(ヘッジ)するため、弊社は

1. 日本株を売る
2. ドル円を売る
3. 新興国を買う

という戦略を提示してきました。

「3. 新興国を買う」という手段はこれまで気が進まなかったのですが、
ドル安圧力があまりに強いので6月に入ってからは解禁しています。

なぜそう考えるに至ったかは、レポートをお読みください。



今月号はその他にも

「中国が原油備蓄を積み増す背景」

「東京三菱が政府から距離を置くと思われるような動きをしている」

などについても考察しています。

図表多めですがご堪能ください。





[今月のおしながき]

1. 5月は米株の強さ示す
2. ドル安リスクオンで米株は史上最高値へ
3. 報われない円ベース投資家
4. 人民元安と中国による原油備蓄積み増しの意図
5. 三菱東京UFJの気になる動き「国家からの離脱」
6. まとめ:ついに新興国ロングを解禁


それでは行きましょう!

会員レポート DeepInside 2016年6月号

「ドル安圧力に対し新興国買いを解禁」




どうぞ !!!

   ↓↓↓
http://www.wildinvestors.com/member/




ワイルドインベスターズ会員サイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
https://www.wildinvestors.com/member

このニュース記事が掲載されているURL:
https://www.wildinvestors.com/member/article.php?storyid=196