投資レポート「DEEP INSIDE」2014年12月号リリース

投稿日時 2014-12-13 0:34:14 | トピック: 最新情報


投資レポート「DEEP INSIDE」2014年最後のレポートリリースです。

・「米国」対「全世界」
・投資連略レビュー(結果のみ)
・クリスマスツリー

明日はいよいよ今年サイトのセミナーです。


安間より一言

毎度です。



原油価格が下がり続け、新興国の危うさが増してきました。

ロシア・ベネズエラ・イランなどの石油純輸出国。

ブラジル・アルゼンチン・メキシコの中南米諸国。

蒸し返されたギリシャ。

ずっとヤバい韓国・中国。

新興国の株と通貨は下げ続けています。



しかし米国経済は強く、米国株も米ドルもさほど下げません。

アジア時間・欧州時間でかなり下がっていても、朝起きてみると戻っていたりします。

米国のおかげで信用収縮が拡大せずに済んでいるのかもしれません。



それでもこのまま行けば、新興国がいくつか破綻するでしょう。

どこまで波及するのか、規模がどれぐらいになるのかは予測できません。

米国経済の強さと、対処の速さによって決まるでしょう。

米国が世界を相手に金融経済を支えているイメージです。



さて、さすがの米国株もようやく少し下がってきました。

これが循環的な下げ局面で済むのか、深刻な信用収縮に発展するのかまではわかりません。

ひょっとすると米国が支え切って、新興国が大反発する可能性もあります。

「米国買い/新興国売り」のコアポジションを調整しつつ、日本株を機動的に運用します。





[今月のおしながき]


1. 原油安は日本に大きなプラス
2. 資源国も工業国も新興国は厳しい
3. 米国だけで世界を支える
4. 新興国連鎖破綻で信用収縮は広がるか
5. まとめ:日本株は機動的に




それでは行きましょう!

DeepInside 2014年12月号

「米国」対「全世界」




どうぞ !!!

   ↓↓↓
http://www.wildinvestors.com/member/




ワイルドインベスターズ会員サイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
https://www.wildinvestors.com/member

このニュース記事が掲載されているURL:
https://www.wildinvestors.com/member/article.php?storyid=172