投資レポート「DEEP INSIDE」 2013年7月号リリース

投稿日時 2013-7-12 0:43:55 | トピック: 最新情報

暑い日が続いていますが、投資レポート「DEEP INSIDE」7月号のリリースです。

・シャドーバンキング問題は二極化を生む
・投資戦略レビュー(結果のみ)
・式年遷宮


安間より一言


毎度です。


想定通り、日米の株価が反転上昇しました。
今のところ馬鹿ロングが成功しています。

しかし気になるのは中国などの新興国が弱いこと。

米国金利が上がればマネーが吸い寄せられ、
新興国が危機に陥るのはしばしばあることです。



今月は特に、中国のシャドーバンキング問題について解説しています。

これは日本のバブル崩壊と似ており、株の二極化をもたらすでしょう。

しかし世界恐慌を招くまでには至らないと思います。
その理由をレポートに書いてあります。


2-3割の下落に耐えられるよう準備しつつ、
馬鹿ロングを継続します。





[今月のおしながき]

1. 日本のバブル崩壊と酷似
2. ポイントは「最終消費地」と「グローバルな信用創造の源」
3. 日米株式市場にとっては「一時的な調整」そして「バブルの燃料」となる
4. 政治的・軍事的リスクは未知数
5. まとめ: 時計の針は着実に進んでいる



それでは行きましょう!

DeepInside 2013年7月号

『シャドーバンキング問題は二極化を生む』




どうぞ !!!

   ↓↓↓
http://www.wildinvestors.com/member/




ワイルドインベスターズ会員サイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
https://www.wildinvestors.com/member

このニュース記事が掲載されているURL:
https://www.wildinvestors.com/member/article.php?storyid=150